九州の田舎もんがニューヨークのSOHOで出店する!

バレイヤージュカラーのやり方は?お店でカラーセミナーをやりました。

2018/04/12
 

スポンサーリンク

どーも。

 

 

keiです。

 

ニューヨークで今では、ハイライトと同じくらいメジャーなカラー、

 

バレイヤージュ

 

 

僕もスタッフも普通にやってはいましたが、今回はウチでもたまに働いてくれてるMさんにお願いして、セミナーコーチをしてもらうことになりました。

 

 

バレイヤージュカラーとは?やり方は?

 

日本でも、「外国人風カラー」などと呼ばれ、よく耳にしますね。

こちらにいたらホントの外国人カラーですが笑

 

バレイヤージュカラーとは、テクニックの名称で、ハケを使い、自然な筋を作るようにカラーリングしていく技法です。

 

 

こんな感じです。

 

「バレイヤージュ」という言葉も、フランス語でホウキで掃くという意味で、その名の通りホウキで掃くようにハケを縦に使い、カラーリングしていきます。

 

デザインにも寄りますが、根元、中間よりも毛先の方を多めに染めることにより、自然なグラデーションになり、立体的に見せてくれます。

 

 

 

 

 

バレイヤージュカラーのメリット

 

 

僕が思うバレイヤージュカラーをすることによるメリットを何点か紹介していきたいと思います。

 

 

・頻繁にカラーをしなくてもよくなる

全体を染めるわけではないので、伸びてきても気にならない。

シングルカラーをやってる方は、根元が伸びてきたら気になりますからね。

 

 

・オシャレ感が出る

 

自然で立体感があるカラーなので、かっこいいです。

アイロンで巻いたりすると、より動きが出て立体的に見えます。

 

 

 

・ダメージが少ない

 

部分的にカラーをするので、全体に塗るよりもダメージは少ないです。

 

 

 

・小顔効果がある

 

一色ではなく、暗い色、明るい色と混じってるので立体感が出て、小顔効果が期待できます。

 

 

セミナー風景はこんな感じ!

スポンサーリンク

セミナーというと堅苦しい感じですが、身内だけでワイワイやりながらの雰囲気でした。

 

そしてこちらが今日のモデルさん。

朝早くからありがとうございまーす。

 

Before

 

 

 

 

 

以前やったバリアージュがもうかなり伸びて、色も退色してますね。

 

顔周りに明るいカラーが欲しいのと、全体をもう少しブレンドして欲しいとの事。

 

カウンセリングも重要ですよ〜。

 

みんな真剣な眼差しで聞いてます。

 

 

後ろをやってみたり、、、

 

 

 

そして

 

 

 

 

い〜い感じに仕上がりました。

 

ありがとうございました〜。

 

今回はみんなの都合もあり、早朝からのカラークラスでした。

朝からなので頭も冴えてバッチリ!

 

まとめ

 

 

ニューヨークは日本と違って、勉強会やセミナーなどが殆どありません。

たま〜にミルボンさんがやっているくらいです。

 

僕も、昔はよく色んな方のところに勉強をさせてもらいに行ってました。

 

今も、機会があれば、たまにですがこういったクラスをうちの店を使ってやっています。(その道のプロの方にお願いして協力してもらっています。)

 

うちのスタッフ優先でやってますが、外部からもやる気のある人は参加しているので、こういう機会をもっと設けて日本人美容師のモチベーションアップに繋げていきたいですね!

 

スポンサーリンク

 


この記事を書いている人 - WRITER -
NAGI HAIR オーナー。 2007年渡米、2年間の日系美容室勤務を経て、米系の高級美容室Warren tricomi にて6年間勤務後、SOHOにNAGI HAIR設立。 ニューヨークと日本、どちらの良いところも混ぜ合わせ、プラスの化学反応を起こせるお店を展開中。 ニューヨークで頑張りたい方、お待ちしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です